スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国、米サブプライム問題の波及を懸念=財政省当局者
 [北京 7日 ロイター] 中国財政省当局者は7日、中国は米国のサブプライム問題が世界に波及するのを「懸念」していると表明した。さらに、中国政府は強いドルと安定した為替相場を望んでいると述べた。記者団に語った。
 同当局者は、サブプライム問題について「この危機は世界で最も発達した国である米国で起きた」としたうえで、サブプライム問題は格付けの信頼性と一部金融機関の健全性に疑問を投げかけた、と指摘した。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■



 さらに「一連の問題は、われわれや他の国々にとって新たな課題だ」と述べた。
 為替相場については、世界の金融の健全性にとって、強いドルと主要通貨の安定が必要だと確信している、と述べた。

(引用 yahooニュース)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。