スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インタビュー:日本型ヘッジファンド、08年はイベント・ドリブンが有望=米HFR
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071206-00000327-reu-bus_all
 大林 優香記者
 [東京 6日 ロイター] 米調査会社のヘッジファンド・リサーチ(HFR)のケニス・ハインツ社長は6日、投資対象を日本に特化するヘッジファンドについて、2008年はイベント・ドリブン戦略が有望との見方を示した。同社長はロイターとのインタビューで「日本企業は大きな流れとしては構造的改革を進める方向で動いており、イベント・ドリブン戦略に有望な機会が訪れるだろう」と述べた。
 また、日本以外のアジアについては、新興国の株価の変動率が拡大しており、ポートフォリオを安定化するためには株式のロング・ショートが有効になるとの見通しを示した。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■


また、中国や産油国などが外貨準備を運用するために相次いで設立した政府系ファンド(ソブリン・ウェルス・ファンド)の投資が活発化する見通しで、影響を受ける為替相場の変動などに着目したマクロ戦略も有望との考えを示した。
 <欧米ヘッジファンドによるアジア型ヘッジファンドの買収加速も>
 HFRによると、資産の75%以上を日本に投資する日本特化型ヘッジファンドの運用成績は今年9月までの1年間でプラス0.27%と低迷し、日経平均株価のプラス4.08%を下回った。一方、日本を除くアジアに特化したヘッジファンドはプラス59.33%と高い運用成績をあげた。
 9月までの過去3年間でも日本特化型はプラス8.00%と日経平均のプラス15.75%を下回ったほか、日本を除くアジア特化型のプラス29.47%と比べても見劣りする形になった...

ニュースの続きを読む

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。