スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外貨で勝つために欠かせない「相場の時間割」とは? 羊飼いのFX講座
日本に住んでいる私たちは、つい日本時間で考えてしまいますが、儲けるためには「今、海外の市場では何時なのか?」の把握が重要です。為替はその性質上、世界中で取引されていますが、3大市場と呼ばれるのは、東京、ロンドン、NYの3つ。日本から見て、ロンドンやNYが何時なのかを把握できていることが大切です。

■3大市場の時間割、おぼえてますか?

 FXは24時間取引できる点が魅力のひとつです。決まった取引所と言うものがなく、時間によってメインとなる市場がバトンタッチされていきます。

 私たちは日本に住んでいる為、つい日本時間で考えてしまいますが、儲ける為には『今、海外の市場では何時なのか?』と言う事の把握が重要となってきます。

 為替はその性質上世界中で取引されていますが、3大市場と呼ばれるのは、東京、ロンドン、NYの3つです。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■


日本時間から見て、ロンドンやNYが何時なのかの考えてみましょう。  まず、為替相場において重要な時間帯を抜き出してみます。どの市場でもその国の朝9時ごろに銀行等の金融機関がオープンし取引が活発になり出します。逆に17時頃には取引が減ってきます。それぞれの国で経済指標が発表されますが、とりあえずは米国のものだけでよいででしょう。

 その他に重要なのは、以下の時間帯です。それほど多くはないので、覚えてしまってください。 東京10時頃 → 東京仲値 東京15時頃 → 東京オプションカット ロンドン16時 → ロンドンフィックス NY8時30分 → 米指標 NY10時00分 → 米指標&NYオプションカット
【用語説明】 仲値……各銀行が発表する対顧客向けの基準レートのこと ロンドンフィックス……東京の仲値のような時間...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。