FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WSJ-トムソンによるロイター買収は代償の大きい夢
ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)カナダの総合情報サービス大手トムソン(NYSE:TOC)は、5月に英ロイター・グループ(Nasdaq:RTRSY)買収で合意したことにより、長年の夢をかなえた。

ただ、この野心には代償、すなわち景気循環の山がロイターの利益を押し上げている時期に同社と買収合意を交わしたことによる犠牲を伴うものだった。

トムソンは、世界中の銀行やファンドマネジャーに情報や取引サービスを販売する、年間売上高120億ドル規模の巨大企業の創出を目指し、ロイターに約87億ポンド(現在の為替相場で178億9000万ドル)での買収案を提示した。トムソンの提案を受け入れた5月15日時点ではロイターの利益は力強く伸びていた。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■


ただ、欧米の信用危機がもたらす影響は同社の業績を悪化させる可能性もある。

ロイターのトム・グローサー最高経営責任者(CEO)は先月、向こう2年間の売り上げは市場の混乱によって打撃を受ける恐れもあると警戒感を示した。同CEOはスペインで開催されたモルガン・スタンレーの会合で、ロイターは2008年は「慎重に」臨むと語った。また「引き続き混乱や(金融機関が)つなぎ融資を抱えたままの状態がみられる場合」、ニュースや金融情報への「支出を抑制する必要が一般に出てくるだろう」と指摘した。

当時、アナリストの間ではトムソンの買値が高すぎるとする意見もあったが、現在ではこの見方が一層強まった。現金と株式の組み合わせによるこのオファー(1株当たり7.05ポンド)は、当時のロイターの株価を43%上回るもので、実績株価収益率を30倍と評価した金額...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
193がんばるお(´・ω・`)
363アフィリやめてこっちにして正解だったwwww本当に3発ヤッて10頂きやしたwww明日もがんばるおww前教えてくれた人ありがとぉぉぉぉwwwww
http://w-master.net/se/
2007/12/05(水) 01:22:21 | URL | 40たかひろ #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。