スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「為替」 米株価上昇に円買い一服、108円台に反発して引け、原油終値ベース最高値(訂正)/ニューヨーク外国


[ニューヨーク外国為替市場概況]
*06:47JST 「米株価上昇に円買い一服、108円台に反発して引け、原油終値ベース最高値(訂正)」
【訂正】ロンドン、ニューヨーク市場値動き一部修正。
【ロンドン市場概況】
 23日のロンドン外為市場では、アジア市場で上昇したユーロ・ドルのポジション調
整とみられる売りにドル買いが優勢となり、ドル・円は107円64銭から108円55銭まで
上昇したが、ユーロ・円の160円割れに連れて107円台後半に反落した。ユーロ・ドル
は1.4930ドルから1.4784ドルまで下落、ユーロ・円は160円86銭から159円47銭まで下
落した。ポンド・ドルは、英・7-9月期GDP改定値の下方修正もあり、2.0737ドルから
2.0565ドルまで下落、ドル・スイスは1.0929フランから1.1048フランまで上昇した。
【経済指標】
独・10月輸入物価:前月比 0.7%(予想 0.4%、9月 0.6%)
ユーロ圏・11月製造業PMI速報:52.6(予想51.0、10月51.5)
ユーロ圏・11月サービス部門PMI速報:53.7(予想55.2、10月55.8)
英・7-9月期GDP改定値:前期比 0.7%、前年比 3.2%(前期比予想 0.8%、速報
0.8%、4-6月期 0.8%)
【要人発言】
トリシェECB総裁
「為替相場の急激な変動を歓迎しない」
「市場は日本経済が改善していることを認識するべき」
「日本の当局は、為替相場が経済のファンダメンタルズを反映するべきだとの考えを
示している」
「米当局は、強いドルが米国の国益であると述べている」
「G7の為替に関する声明内容を堅持」
オルドネス・スペイン中銀総裁
「ユーロ圏経済、金融市場の混乱受けて予想以上に減速するが見通しの範囲内にとど
まるだろう」
「インフレ期待は中期的には依然として抑制されている」
「ドルの急速な下落は米国経済にとって利益にならない」
【ニューヨーク市場寄付】
ドル・円:108円02銭、ユーロ・円:160円04銭、ユーロ・ドル:1.4818ドル、ポン
ド・ドル:2.0573ドル、ドル・スイス:1.1021フラン
【ニューヨーク市場概況】
 23日のニューヨーク外為市場では、ドル・円は本日から本格化した米年末商戦に対
する期待が高まり株式市場が大幅上昇、リスク回避の動き後退に107円82銭から108円
43銭まで上昇し、108円30銭で取引を終えた...



[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■


ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。