スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落ち分埋め「相場底堅い」〔東京株式〕(25日、続き)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070925-00000052-jij-brf
 日経平均は70円強値下がりする場面もあったが、配当落ち分(大手証券推計で約75円)を埋めた上でさらに89円高と切り返し、「相場の底堅さを象付けた」(準大手証券)。為替相場や海外株式動向など外部環境が落ち着きを取り戻しつつあるのに加え、実質下期相場入りに伴う需給改善期待も高まり、「下値不安感が後退し始めた」(大手証券)格好だ。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■



 ただ、戻り高値に相当する1万6500円台に近付くと上値の重さが目立つのも確か。目新しい買い材料が見当たらない上、売買代金は2兆6576億円と低水準にとどまった。戻り売りの壁を突破するには依然として力不足の状態で、「大きな相場展開に発展する雰囲気はない」(別の大手証券)と、市場関係者からは冷めた声も聞かれる。先高期待感が急速に高まっているわけではないのが実情で、しばらくは底値を固めながら反発局面入りをうかがう「きっかけ待ち」(前出の大手証券)の展開となりそうだ。(了)

【関連情報】 日経平均株価日中足
【関連情報】 東証株価指数(TOPIX)日中足
スポンサーサイト
企業サービス価格1%上昇=8月は円高で伸び鈍化-日銀
 日銀が25日発表した8月の企業向けサービス価格指数(2000年平均=100)は前年同月比1.0%上昇の93.8だった。不動産賃料や労働者派遣サービスが堅調で、価格の上昇基調は継続しているが、為替相場の円高で円建て価格の伸びが鈍化。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■


伸び率は前月実績(改定値)を0.4ポイント下回った。 
(引用 yahooニュース)

ユーロ高、ユーロ圏の成長リスクを高めている=ポルトガル中銀総裁
 [フランクフルト 21日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるポルトガル中銀のコンスタンシオ総裁は21日、ユーロ高は明らかにインフレを抑制する効果があるが、ユーロ圏の成長にとってリスクが高まっている、との認識を示した。
 同総裁は、ドイツ連銀主催のコンファレンスの合間に記者団に対し「(ユーロ高は)明らかに抑制効果がある。われわれはそれを注視している。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■


為替相場については見解や目標は持っていない」と述べた。
 同総裁は、ユーロ圏の経済が米景気の下降による影響を免れるほど強いかどうかについては不透明だと指摘、「われわれは最近発表されたメインシナリオを維持しているが、基本的なシナリオにとってのリスクは高まっている。われわれは今後明らかになるすべての情報を点検し、リアルタイムで決断しなければならない」と述べた。
 米連邦準備理事会(FRB)による利下げがECBに影響を及ぼすか、との質問に対しては、ECBは独立していると答えた。

(引用 yahooニュース)

独連銀主催の会合での主な発言一覧
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070922-00000109-reu-bus_all
 [フランクフルト 21日 ロイター] 以下は独連銀が50周年を記念して主催した金融政策に関する会合での主な発言。
 <シュタルクECB専務理事>
 ECBに委ねられた任務は物価安定だ。この目的から外れることはない。このことは、短期的な衝撃の中を進んでゆくことを意味すると同時に、中・長期的な衝撃の2次的影響を回避することでもある。
 (欧州中央銀行の独立性は)すべての政治家から完全に理解されているわけではないが、(無理解は)例外的な見解だと思う。労働市場が効果的に機能することや慎重な財政政策が、欧州市民の福祉にとって主たる重要性を握っている。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■



 <コーン米連邦準備理事会(FRB)副議長>
 連邦公開市場委員会(FOMC)の18日の利下げ措置は、金融市場の混乱から発生する可能性がある世界経済への一部悪影響を未然に防ぎ、時間とともに緩やかな成長を促進することを目的としている。景気支援が目的で、救済策ではない。
 <ドラーギ・イタリア中銀総裁>
 金融政策の実行において信認を得ることは、市場のボラティリティが高まっている時には一段と重要となる。われわれの主たる目的はインフレ期待の抑制だ。
 <パパデモスECB副総裁> 
 引き続き変化する状況とかなりの不透明性の中で、中央銀行が物価安定に向けたコミットメントとその実現を通じて、安定と確実性の支えを提示することが不可欠だ。
 直近の経験が鮮明に表しているように、金融システムや景気循環の波の安定性を判断する上で、情報の非対称性その他の金融市場の欠陥が重大な役割をしている...

ニュースの続きを読む

米国は強いドルに関心=ECB総裁
 [ローザンヌ(スイス) 21日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁は21日、米当局は強いドルに関心を示していると述べた。
 総裁は当地でのイベントに出席した際「為替相場は7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で定期的に協議されている」とし「前回のG7で為替問題を協議した時、米国が強いドルは国益と確信していると表明したことを、われわれは大きな関心を持って指摘した」と語った。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■



 総裁はまた「ECBが市場の調整を無視してはいない」とし、現在も続いている市場の混乱を監視していると述べた。
 調整には高水準のボラティリティを伴うと指摘し「このような状況を背景にわれわれは適切な措置をとる」と話した。

(引用 yahooニュース)

DJ-【外国為替市場概況】FRBの利下げの影響受け、ドル下落
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070921-00000006-dwj-brf
ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)20日の外国為替市場では、米連邦準備制度理事会(FRB)が今週行った利下げの本格的な影響がドル相場に及び、ドルはユーロに対して最安値を更新し、カナダ・ドルに対しては31年ぶりの安値をつけた。

為替市場は19日に、FRBの0.5%の利下げ消化を一休みしたように思われたが、20日には本格的な消化が再開した。為替相場は、心理的およびテクニカルな強い水準を突破し、バーナンキFRB議長の議会証言や、いくぶん良好な米経済指標の影響を受けなかった。

リーマン・ブラザーズのグローバル為替調査ヘッド、ジェームズ・マコーミック氏は、「明確になった点のひとつとしては、0.5%の利下げがドルにとって好材料ではなかったことが挙げられる。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■


これまでドルにとって最悪の組み合わせとなったのは、米国の利回りが他国に対して低下する一方、株価と商品相場が上昇した場合だった。ここ数日間は、まさにこの組み合わせが積み上がっており、今後数週間は続くはずだ」と語った。

ユーロは早い時間帯に、ドルに対して最高値を相次いで更新し、1.4099ドル近辺まで上昇した。ほぼ同時期に、ドルはカナダ・ドルに対して、何度か均衡(パリティー)を割り込み、0.9993カナダ・ドル近辺まで下落した。ドルは円に対して、2円以上下落し113円98銭で底を打ったが、その後は値を回復した。

20日にドルが主要通貨に対して下落した背景には、さまざまな要素が関係していたが、根本的な問題はドルの基本的な弱さにあると、アナリストは強調している...

ニュースの続きを読む

東京外為市場・20日=ドル115円半ば、ユーロ1.40ドル台へ上昇し最高値更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070920-00000859-reu-bus_all
          ドル/円      ユーロ/ドル      ユーロ/円
17時現在    115.56/61  1.4040/45  162.30/34
正午現在    115.87/88  1.3973/78  161.90/01
9時現在    115.94/99  1.3971/76  161.99/09
前日東京17時  115.81/86  1.3970/75  161.80/90
前日NY17時  115.90/92  1.3966/69  162.00/06
 [東京 20日 ロイター] 午後5時過ぎのドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点からドル安が進み115円半ばで取引されている。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■


ユーロ/ドルが午後の取引で一時1.4066ドルまで急騰、史上最高値を更新したことをきっかけに弱含みの続いていたドルはさらに下落、全面安となった。ドルはカナダドルに対して30年ぶり安値に接近し、スイスフランに対しては2年半ぶり、オーストラリアドル対して1カ月半ぶり、ニュージーランドドルに対して1カ月ぶり安値を更新した。
 米国の大幅利下げなどをきっかけに弱含みの続いていたドルは、この日の取引で全面安となった。最高値圏での攻防が続いていたユーロ/ドルが1.40ドルの防戦売りを突破し、1999年のユーロ導入来の最高値を更新したことをきっかけに、ドル売りが他通貨に対しても一気に広がった。
 ロイターデータによると、ドル/カナダドルは1.0088ドルまで下落...

ニュースの続きを読む

中国が人民元高容認すれば国内成長に寄与=米財務次官
 [ワシントン 19日 ロイター] マコーミック米財務次官(国際問題担当)は19日、中国人民元の為替相場について、一段と柔軟なものになっても中国の経済成長は抑制されず、デフレを引き起こすこともなく、むしろ中国経済の方向性を国内消費に向けさせる上で有益だとの認識を示した。
 また、中国が人民元の上昇を容認すれば、米中関係で「認識されている大きな不公平要因が取り除かれる」と指摘した。
 次官は20日に北京で行う予定の演説原稿の中で「米国にとっては、人民元が上昇したとしても、米国の貿易赤字が大幅に削減されることはなく、米企業が直面している海外市場での競争という問題解決の特効薬にもならない」と述べた。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■



 人民元相場がさらに柔軟なものになれば、中国の輸入物価が低下し、中国企業にとっては輸出製品から国内向け製品に転換するインセンティブが働くと指摘した。
 次官は「こうすることにより、これまでの成長モデルに比べより安定的で内需中心の効率的な成長が達成され、中国国民の生活水準が向上する」と述べた。
 米議会では人民元制度について中国に引き上げ圧力をかける法制化の動きが出ているが、ポールソン財務長官は先週、米国の懲罰的な対中国通商法案は貿易紛争を引き起こす可能性があると指摘していた。
 マコーミック次官も、保護主義の台頭には警戒感を示した。
 <中国労働者にも利点>
 次官によると、中国消費者の貯蓄率は高く、資本は低金利の金融商品に流れ、企業はこれらの潤沢な資本を低金利で調達し、輸出製品をを製造している...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

米国はドル上昇に向けた措置を取るべき=ユーログループ議長
 [ルクセンブルク 28日 ロイター] ユーログループ議長のユンケル・ルクセンブルク首相兼財務相は28日、米国はドルの上昇に向けた措置を取るべきだとの考えを示し、対ユーロでのドル安はユーロ圏で非常に懸念されていると述べた。
 ユンケル議長は、欧州諸国の財務相が10月19日頃に開催予定の7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で経済ファンダメンタルズの不均衡について協議することを計画していると指摘。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■


「われわれがユーロの対ドル相場を非常に懸念し始めたこと、米政府の強いドルへの意向を実行に移すべきであると考えていることは事実だ。米国が国際収支の赤字縮小に向けて行動する必要があることを意味している」と話した。中国と日本に対しても、ファンダメンタルズの為替相場への反映について、一段と結果を伴う方法で検討することを求める立場を示した。
 議長は「3日前よりも懸念が強まっている」とし、ファンダメンタルズの不均衡への対応が、G7で取り上げられる欧州関連の協議事項の一部であることに疑問の余地はないと話した。

(引用 yahooニュース)

【株価】市場は4日ぶり反落も大手3社は続伸

全体相場は4日ぶりに反落。米国株高を受けて続伸して始まったが、上値の重さから利益確定の売りが活発化。為替相場が円高含みとなったことが見送りムードを誘い、結局は反落して引けた。自動車株は総じて堅調な展開。

大手3社がそろって続伸。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■


トヨタ自動車が前日比90円高の6780円と上げ、ホンダが10円高の3860円、日産自動車が9円高の1151円と小幅続伸。ダイハツ工業が反発し、マツダ、富士重工業も堅調な動きとなった。

こうした中、スズキが40円安の3400円と軟調。いすゞが3円安の658円と反落し、日野自動車が22円安の878円と続落した。




(引用 livedoorニュース)

【株式市況】28日東京株式、日経平均反落・前日の株価急騰に対する反動売りがでる
【9月28日 17:00 テクノバーン】28日の東京株式市場は反落。日経平均株価は前日比46円53銭(0.28%)安の1万6785円69銭で取引を終えた。

前日の株価急騰に対する反動売りが出た他、為替相場がやや円高方向に振れたことなども懸念材料の一つとなったようだ。

業種別では医薬品や陸運業や金属製品など33業種中15業種が上昇。保険業や証券業や繊維製品など18業種が下落。騰落数では値上がり銘柄数が720に対して、値下がり銘柄数は881、変わらずは116となった。

米アナリストを中心に来年以降、米国経済は景気後退局面に入るのでは、といった見方が広がってきている他、小泉改革の推進を謳った安部首相も志の半ばで退陣を迫られるなど、中長期的には株価の上昇は見込めないとする見方も一部にはでてきている。

東証1部出来高は18億6182万株、売買代金は2兆5203億円で、薄商いとなった。

09月28日(金)東京株式市場情報
◎日経平均株価
大引 16785.69 (-46.53)
始値 16903.64
高値 16929.26
安値 16755.21

◎TOPIX
大引 1616.62 (1.47)
始値 1620.11
高値 1622.49
安値 1608.76

◎主な出来高上位銘柄
        三菱重工業 <7011>     751(  14)
        三菱自動車 <7211>     175(  8)
  コロムビアミュージック <6791>      96(  16)
        新日本製鐵 <5401>     827( -10)
           東芝 <6502>    1,073(  17)
        川崎重工業 <7012>     450(  0)
          IHI <7013>     361( -10)
        日立製作所 <6501>     765(  15)
       住友金属工業 <5405>     670(  1)
     J.フロントリテ <3086>    1,130(  36)

◎主な値上がり銘柄
  コロムビアミュージック <6791>      96(  16)
         SFCG <8597>    16,090( 2000)
      富士通ゼネラル <6755>     688(  75)
        ライトオン <7445>    1,234( 124)
      グッドウィルG <4723>    21,540( 2000)
    森ヒルズリート投資 <3234>   960,000(83000)
       富山化学工業 <4518>     683(  58)
       三晃金属工業 <1972>     214(  17)
         三井鉱山 <3315>     386(  28)
       札幌北洋HD <8328>  1,140,000(80000)



□ 関連記事
09/28 28日東京株式、日経平均反落・前日の株価急騰に対する反動売りがでる
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read?f=200709281700
09/27 27日東京株式、日経平均大幅続伸・ほぼ全面高の展開に
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read?f=200709271700
09/26 26日東京株式、日経平均続伸・内需関連株を中心に押し目買い
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read?f=200709261700
09/25 25日東京株式、日経平均反発・後場 不動産や商社株主導で上昇
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read?f=200709251700
09/21 21日東京株式、日経平均反落・3連休を控えて手仕舞い売りが広がる
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read?f=200709211700
(引用 yahooニュース)

情報BOX:ECB当局者による最近の主な発言
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070928-00000126-reu-bus_all
 [27日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーによる最近の主な発言は次のとおり。
 ◎トリシェ総裁(27日、テレビインタビューで) 
 為替相場について「過度の変動は成長にとって望ましくない」 
 ◎クアデン・ベルギー中銀総裁(26日) 
 「理事会メンバーはこの見通しをめぐる不透明性が大幅に高まっていることを認識している。われわれは現在のところ様子を見守りつつ、とりわけ適切な決定を下す前に今後発表されるすべての指標を見極めなければならない」 
 ◎リープシャー・オーストリア中銀総裁(25日、記者団に) 
 「欧州経済は依然として良好な状況にあると思う。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■


下向きリスクが支配的であることは確実だが、力強い拡大は依然として損なわれていない」 
 ◎ガルガナス・ギリシャ中銀総裁(25日、インタビューで) 
 「インフレの上方リスクは、ユーロ高がもたらすいかなる影響よりも勝っている」
 「金融市場の混乱や最近の不透明感を考えれば、何らかの行動を取る前に動向を注視し、今後発表されるデータを評価するためにもっと多くの情報を収集することが適切だ」
 ◎トリシェ総裁(24日、仏テレビで)
 「われわれは使命を果たしており、使命を果たすために成長と雇用を創出している。データが出ているためそれは議論の余地がない」
 「今後発表される経済統計を検証する」 
 ◎ドラーギ・イタリア中銀総裁(21日)
 「市場のボラティリティが高い時期には、金融政策に対する信頼感を高めることが一層重要だ...

ニュースの続きを読む

引き締め気味の金融政策が近年の低インフレに寄与=米FRB理事
 [ワシントン 27日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)のミシュキン理事は27日、近年の低インフレに寄与してきたのはグローバル化ではなく、引き締め気味の金融政策とインフレ期待の十分な抑制だとの認識を示した。
 同理事は、FRB主催のグローバル化に関する会議で講演し「インフレ低下は伝統的なやり方で実現されてきた。各国中央銀行による引き締め気味の金融政策と物価安定に向けた取り組みが、インフレ低下およびインフレ期待の抑制につながった」と指摘。
 同理事は、輸入製品価格の低下と商品価格の上昇が差し引きで及ぼす影響は、インフレ率の上昇・低下どちらの方向においても些少だったとした上で、「近年のインフレ低下においてグローバル化が重要な要因となってきたとの誇張された主張の多くには説得力がない」とした。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■



 また、グローバル要因はそれぞれの国の経済安定化につながる可能性があるとする一方、グローバル化は経済成長を促す主な要因となってきたと述べた。
 ミシュキン理事は、グローバル化は需給ギャップに起因するインフレの影響を軽減する役割を果たしていた可能性があると指摘した。
 また、海外要因が金利に影響することを示すいくつかの証拠があるとした上で、その一例として、世界的な貯蓄過剰が、比較的長期の負債を抱えることに関連するリスクを減らし、長期金利を押し下げたことに言及した。
 「ただ中銀は、国内の信用コストと長期金利に影響を及ぼす、短期金利を管理する能力を維持しており、インフレと生産の安定に取り組むという自らの責務を引き続き果たすこともできる」と述べた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

当然の一服〔東京株式〕(28日、続き)
 前日の米国株上昇や為替相場の落ち着きを受けて、前場は買いが先行し、寄り付き直後には日経平均が約1カ月半ぶりに1万6900円台を回復した。ただ、前日までの3日間で500円以上値上がりして過熱感も出ていたため、買い一巡後は利益確定売りに押されてマイナス圏に沈んだ。後場に入ると、先物の買いにつられて前日終値近辺まで値を戻す場面もあったが、中間期末で証券自己などが積極的に動きづらかった上、「週明けの日銀短観を見極めたいとのムードもあった」(別の大手証券)といい、再び売りが優勢となった。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■


「10日の直近安値から約7%上昇し、短期的な上昇の目安となる水準を達成した。中間期末というタイミングを考えても、当然の一服だった」(大手証券)との指摘も聞かれた。
 米金融当局が利下げで景気を下支えするとの期待感から、信用収縮や景気後退に対する過度の警戒感は後退。東京市場でも下値不安は解消しつつあるが、「日経平均が1万7000円台を回復して一段と上昇するには、国内でのプラス要因が必要」(同)といい、市場の関心は徐々に10月下旬から発表が始まる企業業績への向くとみられる。(了)
(引用 yahooニュース)

欧州、ドル相場の変化に応じた柔軟性が必要=FRB理事
 [ワシントン 27日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)のミシュキン理事は27日、ドル相場の変化に伴い、欧州経済は、資源(リソース)をひとつの産業部門から他へとシフトする必要があるとの見解を示した。
 同理事は、グローバル化に関するスピーチの後、質疑応答で「為替相場は、われわれが理解できるとは限らない理由で変化し、経済に影響を与える可能性がある。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■


リソースをある部門から他へ動かせる柔軟性の高い経済が望ましい」と述べた。
 その上で、欧州はドル相場の変化に応じてそのようなシフトを行わなければならないだろう、と指摘した。

(引用 yahooニュース)

4日続伸=米株高受け買い先行〔東京株式〕(28日前場寄り付き)
 (第1部)米国株高や為替相場の落ち着きを受けて買いが先行し、日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)ともに4日続伸。
 三井住友、みずほFGの銀行株が堅調。東急不、住友不の不動産株や大成建、大林組が高く、NTT、KDDIもしっかり。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■


武田、アステラス薬が締まり、東武、京王、JR東海の電鉄株も総じて小高い。アドバンテス、東エレクが買われ、トヨタ、オークマ、コマツも強含み。半面、ソニー、松下が甘く、丸紅、三菱商の商社株や関西電、中部電の電力株もさえない。(了)
(引用 yahooニュース)

加ドルの上昇、金利決定の際に経済への影響見極める必要=中銀総裁
 9月25日、カナダ銀行のドッジ総裁は、カナダドルが対米ドルで等価水準に上昇したことについて、金利を決定する際には為替相場の経済への影響を見極めなければならないと指摘(2007年 ロイター/Andy Clark)

[記事全文へ]

(引用 livedoorニュース)

カナダドルの上昇、金利決定の際に経済への影響見極める必要=中銀総裁
 [バンクーバー(加ブリティッシュコロンビア州) 25日 ロイター] カナダ銀行(中央銀行)のドッジ総裁は25日、講演原稿の中で、カナダドルが対米ドルで等価水準に上昇したことについて、警戒姿勢を示し、金利を決定する際には為替相場の経済への影響を見極めなければならないと指摘した。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■




[記事全文へ]

(引用 livedoorニュース)

◎企業サービス価格1%上昇=8月は円高で伸び鈍化-日銀
 日銀が25日発表した8月の企業向けサービス価格指数(2000年平均=100)は前年同月比1.0%上昇の93.8だった。不動産賃料や労働者派遣サービスが堅調で、価格の上昇基調は継続しているが、為替相場の円高で円建て価格の伸びが鈍化。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■


伸び率は前月実績(改定値)を0.4ポイント下回った。 

(引用 livedoorニュース)

過度の為替変動を歓迎しない=ユーログループ議長
 9月24日、ユーログループのユンケル議長(右)、為替相場を注意深くフォローしており、過度の変動を歓迎しないとの立場を繰り返し強調(2007年 ロイター/Ints Kalnins)

[記事全文へ]

(引用 livedoorニュース)

仏経済財務相、英紙が報じたユーロめぐるコメントを否定
 [パリ 26日 ロイター] フランスのラガルド経済財務雇用相は26日、英デーリー・テレグラフが同相の発言として報じたマーストリヒト条約やユーロに関するコメントを否定した。
 同紙は、経済相がインタビューで、マーストリヒト条約を使いユーロを強制的に切り下げることについて論議するのは時期尚早との認識を示したと報じた。経済相は声明で「重要な根拠に欠くこれらのコメントを強く否定する」と述べた。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■



 ただ、ユーロ相場を注視しているとし、為替レートの「過度のボラティリティや無秩序な動き」が経済成長に望ましくないと認識している述べた。
 その上で「為替相場は経済ファンダメンタルズを反映するべき。とりわけ中国など、巨額で拡大を続ける経常黒字を抱える新興国経済では、実効為替レートが変動し必要な調整が起こることが望ましい」と指摘。「これに向けユーログループの財務相やECBと協議してきている」と述べた。

(引用 yahooニュース)

為替相場を注意深くフォロー、過度の変動を歓迎しない=ユーログループ議長
 [タリン(エストニア) 24日 ロイター] ユーログループ議長をつとめるユンケル・ルクセンブルク首相兼財務相は24日、為替相場を注意深くフォローしており、過度の変動を歓迎しないとの立場を繰り返し強調した。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■




[記事全文へ]

(引用 livedoorニュース)

「為替」 米株価上昇に伴いリスク回避後退、円軟調115.75円/163.44円/ニューヨーク外国為替市場概況
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070927-00000002-fis-brf


[ニューヨーク外国為替市場概況]
*06:32JST 「米株価上昇に伴いリスク回避後退、円軟調115.75円/163.44円」
【ロンドン市場概況】
 26日のロンドン外為市場では、東京市場でドル・円、クロス円が堅調推移した動
きが継続し、ドル・円は114円96銭から115円33銭まで上昇、ユーロ・円は162円40銭
から162円93銭まで上昇した。ユーロ・ドルは1.4112ドルから1.4137ドルで小動きと
なったが、ユーロ・ポンドが0.7003レベルから0.7027レベルまで上昇したことで、
ポンド・ドルは2.0173ドルから2.0108ドルまで軟調推移した。ドル・スイスは
1.1689フランから1.1709フランで上下した。
【経済指標】
英・4-6月期経常収支:-90.5億ポンド(予想-113億ポンド、前期-107億ポンド)
英・4-6月期GDP確定値:前期比 0.8%、前年比 3.1%(前期比予想 0.8%、前回
0.8%、前年比予想 3.0%、前回 3.0%)
【要人発言】
ゲルトフィンガー全米自動車労組委員長
「GMと労働協約交渉で暫定合意」
ラガルド仏経済財務雇用相
「ユーロの管理に関する議論は有益」
大田経済財政担当相
「日本経済はしっかりしている、踊り場入りの可能性は高くない」
「2011年度基礎的財政収支黒字化目標、守らなければならない」
「改革の停滞は許されない、市場の信認のためにもメッセージを出していく」
【ニューヨーク市場寄付】
ドル・円:115円35銭、ユーロ・円:162円94銭、ユーロ・ドル:1.4128ドル、ポン
ド・ドル:2.0167ドル、ドル・スイス:1.1704フラン
【ニューヨーク市場概況】
 26日のニューヨーク外為市場では、ドル・円は予想を下回る米8月耐久財受注に一
旦115円24銭に弱含んだものの、自動車最大手GMの労組による全米ストの解決を好感
した株価上昇や、外貨建て投信設定絡みの買いを受けて115円75銭まで上昇し、115
円50-55銭で取引を終えた...



[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■


ニュースの続きを読む

UPDATE1: 中国が人民元高容認すれば国内経済成長に寄与=米財務次官
 [ワシントン 19日 ロイター] マコーミック米財務次官(国際問題担当)は19日、中国人民元の為替相場について、一段と柔軟なものになっても中国の経済成長は抑制されず、デフレを引き起こすこともなく、むしろ中国経済の方向性を国内消費に向けさせる上で有益だとの認識を示した。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■




[記事全文へ]

(引用 livedoorニュース)

中国が人民元上昇を容認すれば国内経済成長に寄与=米財務次官
 [ワシントン 19日 ロイター] マコーミック米財務次官(国際問題担当)は19日、中国人民元の為替相場について、一段と柔軟なものになっても中国の経済成長は抑制されず、デフレを引き起こすこともなく、むしろ中国経済の方向性を国内消費に向けさせる上で有益だとの認識を示した。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■




[記事全文へ]

(引用 livedoorニュース)

【株価】予想を超える利下げ幅に平均株価は大幅上昇

米国の金融緩和と米国市場の急伸を好感し、全体相場は急反発。米FRB(連邦準備制度理事会)が決定した利下げ幅0.5%が市場予想を上回ったことから幅広い銘柄に買いが入り、平均株価の上げ幅は5年半ぶりの大きさとなった。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■


為替相場が円安に振れたことが支援材料となり、輸出関連株が買われ、自動車株は全面高となった。

大手3社がそろって反発。トヨタ自動車が前日比310円高の6700円と急伸。ホンダが130円高の3890円、日産自動車が42円高の1150円と上げた。ダイハツ工業、スズキが続伸。




(引用 livedoorニュース)

加ドルの上昇、金利決定の際に経済への影響見極める必要=中銀総裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070926-00000526-reu-bus_all
 [バンクーバー(加ブリティッシュコロンビア州) 25日 ロイター] カナダ銀行(中央銀行)のドッジ総裁は25日、講演原稿の中で、カナダドルが対米ドルで等価水準に上昇したことについて、警戒姿勢を示し、金利を決定する際には為替相場の経済への影響を見極めなければならないと指摘した。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■



 同総裁は、最近カナダドルは、7月時点の中銀の予想取引レンジである0.935―0.955米ドルをはるかに上回って推移しているとし「この状況が続くようであれば、原因を調べる必要がある」と語った。
 さらに「われわれは、いつもと同様、為替相場の動向が、カナダ経済の総需要と総供給のバランスに及ぼす影響を見極める必要がある」と指摘した。

◎円下落、115円台後半=日米株高を好感-東京市場
 19日の東京外国為替市場の円相場は、日米株価の大幅上昇を好感してドル買い・円売りが優勢となり、下落した。午後5時現在、1ドル=115円89~90銭と前日比93銭の円安・ドル高。 米連邦公開市場委員会(FOMC)の0.5%利下げを受け米株価が急反発し、ドル買い・円売りが先行。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■


東京市場でもこの流れを引き継いだ上、日経平均株価の大幅上昇で投資家のリスク許容度が高まったことも円売りの要因となった。19日の日銀金融政策決定会合で利上げが見送られたが、為替相場の反応は限定的だった。 円は対ユーロで大幅に下落。午後5時現在、1ユーロ=161円90~92銭と同2円59銭の円安・ユーロ高。 

(引用 livedoorニュース)

世界の金融市場の流動性収縮は緩和している=IMF
 [モスクワ 25日 ロイター] 国際通貨基金(IMF)のラト専務理事は25日、世界の金融市場の流動性収縮は和らいでおり、クレジット市場の状況は平常に戻りつつあるとの見方を示した。専務理事は当地での記者会見で「最近の動向は正常化しつつあることを認識する必要がある。クレジット市場(のひっ迫)は緩和している」と述べた。
 一方、現在の金融市場の混乱は「深刻」だとし、問題解決には時間がかかるとの見解を示した。
 ラト専務理事は「金融市場の事象は依然として展開中で、銀行や投資家の損失の程度が明らかになるには数カ月かかる」とし、「信頼感を欠き、混乱状態にあるなかで、流動性を最大化するための各中央銀行の措置を歓迎する」と語った。


[PR] 98%のトレーダーが知らないFXの常識10■無料立ち読みOK■



 流動性をめぐる問題の世界経済への影響については、依然として不透明との見方を示し、「おそらく2008年に一段と影響が出るとみられ、最も影響が大きい国はおそらく米国となるだろう」と述べた。
 また、信用収縮は、堅調な世界経済や金融機関をはじめとする企業のバランスシートが強い環境の中で起こったと指摘。「問題は深刻ではあるものの、世界経済への影響は穏やかなものとなるだろう」と話した。
 ロシアのクドリン財務相と会談した専務理事は、世界第2位の原油輸出国である同国に対し、為替相場の自由化と財政政策の引き締めを要請した。

(引用 yahooニュース)

過度の為替変動を歓迎しない=ユーログループ議長
 [タリン(エストニア) 24日 ロイター] ユーログループ議長をつとめるユンケル・ルクセンブルク首相兼財務相は24日、為替相場を注意深くフォローしており、過度の変動を歓迎しないとの立場を繰り返し強調した。
 エストニアを訪問中のユンケル議長は、同国のアンシプ首相との会談終了後、記者会見で「為替レートの動きを非常に慎重に追っている。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)


為替相場の過度の変動が歓迎されるべきとは思わない。為替相場は経済ファンダメンタルズを反映しなければならないと考えている」と述べた。

(引用 yahooニュース)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。