スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日産自動車、デュアリス/キャシュカイの生産を拡大
日産自動車、デュアリス/キャシュカイの生産を拡大
-英国サンダーランド工場に加え、九州工場においても生産-
日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス・ゴーン)は、現在英国日産サンダーランド工場で生産している国内向けデュアリス(欧州名キャシュカイ)を、2008年初頭を目処に日産の九州工場にて生産すると発表した。九州工場におけるデュアリスの生産台数は2008年度以降、年間24,000台程度を見込んでいる。尚、欧州にて販売されているキャシュカイは引き続き英国日産サンダーランド工場にて生産される。本モデルは日本並びに欧州で販売好調が続いているが、今回九州工場にて生産を開始することにより、グローバルにお客さまへの納期が短縮される。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)




デュアリスは、欧州にて2007年2月にキャシュカイの名で発売され、本年5月には日本で販売開始された。グローバル累計販売台数は67,517台にのぼり(日本9,466台、欧州58,051台)、当初の販売予測に対し非常に好調に推移している。

サンダーランド工場では、欧州でのキャシュカイの好調な販売に合わせて、本年6月に240万ポンド(約5.8億円)を投資し、生産能力を引き上げており、日産の欧州事業を支える拠点となっている。日産はグローバルでの生産活動を今後も効率的に進め、お客さまに最短の納期でクルマをお届けできるよう、最適な場所で、最適な生産を行なっていく。

注:為替レートについては6月発表時の為替相場、1ポンド = 244円をもとに換算した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

スポンサーサイト
じり高で雰囲気良い〔東京株式〕(31日、続き)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070831-00000049-jij-brf
 日経平均株価は朝高後も上げ幅を広げ、終値は結局415円高と今年3番目の上昇幅を記録した。このところ、朝高後に伸び悩むケースが目立っていただけに、「雰囲気が良い」(中堅証券)と、市場関係者の表情も明るい。
 この日は、取引開始前の外資系証券13社を経由した売買注文が13営業日ぶりに買い越し。為替相場が円安方向に振れ始めたことも、買い安心感を誘った。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)


さらに、後場になると「ブッシュ米大統領が31日に低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローン問題について対策を発表する」と伝わり、日経平均はじりじりと値を上げ、高値引けとなった。
 ただ、売買代金が2兆6700億円弱にとどまり、市場エネルギーは急回復したとはいいがたい。市場関係者からは、サブプライム問題の政策を確認した上で、その後の金融市場動向や「金融機関の資金収縮不安が払しょくされるのか見極める必要がある」(大手証券)との指摘が聞かれ、投資家心理は前向きになりきれていない状況だ。(了)
【株価】大手3社は円相場に神経質な値動き

米国株高、円高一服を背景に、全体相場は3日ぶりに反発。輸出関連株を中心に幅広い銘柄が買われたが、自動車株は高安まちまちとなった。

いすゞが前日比14円高の612円と続伸し、日野自動車が5円高の793円と反発。スズキが30円高の3030円、富士重工業が4円高の480円と堅調。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)




一方、大手3社は為替相場と連動する格好でそろって下落。トヨタ自動車は反発して始まったが、円相場が1ドル=115円台に強含んだことを嫌気し、結局は10円安の6520円と続落して引けた。ホンダも30円安の3680円、日産自動車も8円安の1081円と続落した。



(引用 livedoorニュース)

続伸歩調=円高修正で買い先行〔東京株式〕(31日前場寄り付き)
 (第1部)為替相場が1ドル=116円台に乗せる円高修正となり下値不安が後退し、日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)ともに続伸歩調となっている。
 ソニー、松下がいずれも買い気配から始まり、キヤノン、ニコンも値を上げ、トヨタ、日産自といった自動車株もしっかり。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)


新日鉄、JFEの鉄鋼株や三菱商、三井物の商社株が高く、川崎汽、商船三井の海運株も堅調。新日鉱HD、昭和シェルの石油関連株が軒並み高で、コマツは小幅続伸。レンゴーが買い物を集め、日本紙、王子紙の紙・パルプ株が一斉高。半面、みずほFG、三菱UFJの銀行株が安く、大和証Gも小甘い。KDDIが売り物がちで、三菱重、IHIも弱含み。(了)
(引用 yahooニュース)

円、115円台後半〔NY外為〕(30日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070831-00000011-jij-brf
 【ニューヨーク30日時事】30日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演を31日に控えて様子見気分が強く、1ドル=115円台後半で小動きに推移した。午後5時現在は115円81―91銭と前日午後5時(116円13―23銭)比32銭の円高・ドル安。
 円は海外市場で115円台前半まで上伸したものの、当市場に入ってからはじりじりと値を下げた。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)


米株価が方向感のない展開となったことも、模様眺めに拍車を掛けた。
 この日朝方に発表された第2・四半期の米実質GDP(国内総生産)伸び率(改定値)は上方修正されたが、予想の範囲内にとどまり、為替相場への影響は限定的だった。
 市場関係者はバーナンキ議長の講演について「マーケットは期待し過ぎているきらいがある」(邦銀)と指摘。金融政策に言及する可能性は低いと予想する一方、株式市場の受け止め方によっては為替相場に響くこともあり得ると述べた。
 ユーロは同時刻現在、対円で1ユーロ=157円80―90銭(前日午後5時は158円88―98銭)、対ドルでは同1.3621―3631ドル(同1.3673―3683ドル)。(了)
円、115円台後半〔ロンドン外為〕(30日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070831-00000004-jij-brf
 【ロンドン30日時事】30日のロンドン外国為替市場の円相場は、模様眺めムードが強まる中、1ドル=115円台で弱含み展開となった。午後4時現在は同115円75―85銭と前日同時刻(同115円05―15銭)比70銭の円安・ドル高。
 円は朝方、115円25銭をつけた後、ドル買い・円売り圧力が強まり、115円台後半で弱含んだ。市場では「116円台ではドルを売りたい向きが多く、下値では買い需要が強まる」(邦銀為替ディーラー)とみられている。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)



 RBCキャピタル・マーケッツのシニア為替ストラテジスト、アダム・コール氏は「為替相場は株価動向をにらみながらの展開が続く」と指摘、その上で、ドル円相場について「引き続き上向きで、117円をうかがう」との見通しを示した。
 ユーロの対ドル相場は午後4時現在1ユーロ=1.3630―3640ドル(前日同時刻は1.3645―3655ドル)。対円では同157円85―95銭(同157円00―10銭)。
 他の欧州通貨は、ポンドが1ポンド=2.0150―0160ドル(同2.0140―0150ドル)、スイス・フランが1ドル=1.2035―2045フラン(同1.1990―2000フラン)。(了)
再送:福井日銀総裁記者会見の一問一答
 [東京 23日 ロイター] 福井俊彦日銀総裁は金融政策決定会合後に記者会見した。詳細は以下の通り。 
 ──きょうの金融政策決定会合で金融政策の現状維持を決めたが、判断に至った理由は。 
 「(略)背景となる経済・物価情勢は、前回の決定会合以降、いくつかの指標が明らかになっているが、日本経済は引き続き緩やかに拡大していることを確認した。一方、金融市場においては、世界的に振れの大きい展開となっており、影響を含めて状況を注視する必要があるとの判断になった。世界経済は地域的な広がりを持ちながら拡大を続けている。その下で、日本経済については、日本から海外への輸出は増加を続けている。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)


国内の民間需要も増加している。高水準の企業収益、業況感が良好な中で、設備投資が引き続き増加している。雇用・所得面では、失業率が3.7%に低下するなど労働需給を反映する諸指標が引き締まり傾向を続けており、雇用者が増えている。一人当たり賃金がやや伸び悩んでいる状況に変わりがない点に注目しているが、雇用者数が増えており、雇用者所得ベースでは緩やかに増加を続けている。これが背景となり、個人消費は、目覚しい展開ではないが、引き続き底堅く推移している」
 「供給面を見ると、内需・外需双方が増加する中で、生産は横ばい圏内の動きになっているが、先行き再び増加に転じることは間違いないと見ている。在庫・出荷の関係では、在庫は電子部品デバイスなど一部を除けば、おおむね出荷とバランスのとれた状態にある...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

◎日経平均1万6000円割れ=米株急落と円高で一時453円安
 29日午前の東京株式市場は、米国株の急落や為替相場の円高を受けて全面安となった。日経平均株価は大幅に続落し、一時前日比453円34銭安の1万5834円15銭まで値下がり。22日以来1週間ぶりに1万6000円台を割り込んだ。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)


午前の終値は422円62銭安の1万5864円87銭。 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)の午前の終値は44.11ポイント安の1540.49。午前の出来高は7億5113万株、売買代金は1兆687億円。 

(引用 livedoorニュース)

【株式市況】30日東京株式、日経平均反発・前日の米国の反発を受けて買い戻しが入る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070830-00000013-tcb-brf
【8月30日 17:00 テクノバーン】30日の東京株式市場は反発。日経平均株価は前日比140円99銭(0.88%)高の1万6153円82銭で取引を終えた。

前日の米国株が急反発となったことを、円高方向に振れていた為替相場も再び円安方向に進行。米国株高、円安という外部環境の好転を受けて買い戻しが入ってきたことが今日の東京株式市場の反発につながった。

業種別では石油石炭製品やその他製品や卸売業など33業種中28業種が上昇。パルプ紙や保険業や小売業など5業種が下落。騰落数は値上がり銘柄数は1096、値下がり銘柄数は491、変わらずは128となった。

1万6000円台回復となった今日の東京株式市場となるが、米国株次第といった状況から脱しておらず、出来高も15億2349万株と大台の20億株を大幅に下回る薄商いとなった。

東証1部売買代金は2兆1877億円となった。

08月30日(木)東京株式市場情報
◎日経平均株価
大引 16153.82 (140.99)
始値 16182.09
高値 16269.66
安値 16091.28

◎TOPIX
大引 1568.23 (10.68)
始値 1574.95
高値 1579.68
安値 1560.93

◎主な出来高上位銘柄
        新日本製鐵 <5401>     791(  -2)
         日本電工 <5563>     880( -38)
       住友金属工業 <5405>     563( -11)
           丸紅 <8002>     901(  2)
        日本板硝子 <5202>     667( -20)
       いすゞ自動車 <7202>     612(  14)
           双日 <2768>     468(  7)
          IHI <7013>     372(  -6)
        三菱重工業 <7011>     690(  3)
        日産自動車 <7201>    1,081(  -8)

◎主な値上がり銘柄
         紀州製紙 <3882>     201(  22)
     フェニックス電機 <6927>     578(  44)
         三菱製鋼 <5632>     528(  37)
        池上通信機 <6771>     177(  12)
         東京電波 <6900>    1,418(  93)
          DTS <9682>    3,830( 250)
         新光商事 <8141>    2,130( 138)
    アークランドサカモ <9842>    2,140( 135)
          パルコ <8251>    1,552(  97)
      グッドウィルG <4723>    24,230( 1500)



□ 関連記事
08/30 30日東京株式、日経平均反発・前日の米国の反発を受けて買い戻しが入る
08/29 28日東京株式、日経平均大幅続落・米国株安 円高が市場をまた直撃
08/28 28日東京株式、日経平均小幅反落・前日終値を挟んだ小動きな展開に
08/27 27日東京株式、日経平均反発・米国株高を受けて主力株主導で上昇
08/24 24日東京株式、日経平均反落・円安基調で比較的底堅い展開に
「株式」 新日鉄(5401)-個別銘柄ショートコメント


*10:18JST <5401> 新日鉄 791 28

再度800円回復へ挑戦。為替相場が1ドル116円台に乗せてきている。直近の戻りで
は800円に届かなかったが、外部環境が落ち着きを取り戻してきており、800円回復
が期待される。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)


同社の強い値動きが全体に与える影響は大きい。
《TM》

(FISCO)


(引用 yahooニュース)

ホットストック:シャープはが堅調、厚さ2センチの液晶テレビを材料視
 [東京 23日 ロイター] シャープはが堅調に推移している。円安に振れた為替相場が追い風となっているほか、厚さ2センチの液晶テレビを開発したことが材料視された。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)




[記事全文へ]

(引用 livedoorニュース)

ホットストック:任天堂が買い気配、円安を好感する動き
 [東京 23日 ロイター] 任天堂が買い気配で始まった。これまで急激な円高が嫌気されて大きな値幅調整を演じていたが、為替相場が円安に振れたことを好感する動きとなっている。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)




[記事全文へ]

(引用 livedoorニュース)

「株式」 スター精(7718)-個別銘柄ショートコメント


*10:09JST <7718> スター精 3310 260

大幅続伸で25日線を一気に突破している。昨日08/2期上期及び通期業績の増額修正
を発表した。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)


サプライズはないようだが、為替相場の円高修正の流れなどが追い風
に。また、新光証では「2 」から「1」に引き上げ、目標株価を4000円との観測
も。
《TM》

(FISCO)


(引用 yahooニュース)

「株式」 新日鉄(5401)-個別銘柄ショートコメント
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070823-00000009-fis-biz


*09:47JST <5401> 新日鉄 792 29

買い気配スタート。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)


為替相場が115円台後半で推移するなど円高修正の流れや、米
国市場ではアルミ大手アルコアが指数をけん引するなど、素材セクターへの見直し
買いの動きが強まる。
《TM》

(FISCO)


[新日本石油]9月のガソリン卸値据え置き 小売価格も一服
 石油元売り最大手の新日本石油は29日、9月出荷分のガソリン卸値を据え置くと発表した。据え置きは7カ月ぶり。他社も追随すると見られる。8月に最高値を記録した小売価格も今週は22週ぶりに値下がりし、上昇を続けてきたガソリン価格が一服した形だ。 新日石によると、原油価格の下落や為替相場の円高で原油調達コストが1リットルあたり2.6円低下したが、今まで小売価格に転嫁できていない分も2.6円あり、相殺される。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)


中村雅仁常務は「基調として小売価格は弱含みだが、未転嫁分があり、卸値は現状を維持したい」と話している。 一方、石油情報センターが29日発表したガソリンスタンドの小売価格調査(27日現在、消費税込み)によると、レギュラーガソリンの全国平均価格は1リットル=145.3円で、前週に比べ0.1円下落した。値下がりは今年3月26日に前週比0.1円下がって以来。26都府県で値下がりした。 ガソリン価格は8月6日に145.1円と87年4月の調査開始以来の最高値をつけ、13日にも145.4円と更新。20日は横ばいだった。【内山勢】

(引用 livedoorニュース)

◎日経平均が大幅続落=米株値下がり、円高で全面安
 29日の東京株式市場は、海外の株安や円高を嫌気して全面安となり、日経平均株価が一時前日比457円21銭安の1万5830円28銭まで下落した。1万6000円割れは1週間ぶり。終値は274円66銭安の1万6012円83銭だった。 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)の終値は27.05ポイント安の1557.55。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)


出来高は16億9141万株、売買代金は2兆4150億円。 前日の米国株は、住宅市場の低迷や消費者心理の落ち込みを示す経済指標を材料に急落。欧州の主要株価も軒並み下落した。為替相場が一時1ドル=113円台まで円高に振れたこともあり、東京市場は午前中から幅広い銘柄が売られた。円高が一服すると輸出関連株などに買い戻しが入り、日経平均は終値で1万6000円台を回復した。 

(引用 livedoorニュース)

<東証>終値1万5900円64銭 様子見ムード
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070822-00000089-mai-bus_all
 22日の東京株式市場は、為替相場の動向を見極めたいとの様子見ムードが広がり、日経平均株価は、小幅な値動きとなった。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)


終値は前日終値比70銭安の1万5900円64銭と横ばいだった。急激な円高には歯止めがかかっているものの、1ドル=114円台と、輸出関連企業の今年度の想定レートより円高になっている。
◎日経平均、一時450円超下落=米株急落と円高で全面安
 29日午前の東京株式市場は、米国株の急落や為替相場の円高を受けて全面安となっている。日経平均株価は大幅続落で1万6000円台を割り、一時前日比453円34銭安の1万5834円15銭まで下げた。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)


 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)も一時47.46ポイント安の1537.14まで低下した。 

(引用 livedoorニュース)

【仕事と生活の情報源】水曜┃Finance 金融、会計、税制、財政、運用手法、金融工学、金融業など
【PJ 2007年08月29日】- 世界的なリサーチ会社ガートナーの調査によると、日本の知的労働者のワークスタイルには、着実な変化が認められます。長い間ビジネスマンの情報源は紙媒体でしたが、ネットがこれを上回ったのです。

 【仕事と生活の情報源】は、ネットに公開される無数の情報の中から、信頼性が担保されているコンテンツに絞ったうえで、仕事と生活の目線でこれを選別、編集したクリップ集です。

 60文字以内コメント付き。タイトルとコメントを頼りに、必要な情報を各URLから入手してください。

月曜:Business 火曜:Economy 水曜:Finance 木曜:Works 金曜:Global

┃Finance
金融、会計、税制、財政、運用手法、金融工学、金融業など

○サブプライム問題の論点整理
http://www.mizuho-ri.co.jp/research/economics/pdf/urgency/report070823.pdf
住宅金融業界の問題と、その後発生した成長エンジンのパーツとしてに金融システム問題を切り分けて、図表を使い簡潔に説明。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)




●サブプライム問題の誤算 ~グローバルな過剰流動性問題のつまづき
http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/kuma/pdf/k_0708e.pdf
レバレッジ。少ない資金で大きな投資成果を実現する。しかし逆も真。小さな評価損が大きな投資損失を実現する。「信用」の逆流。

●米国債週報(8/13)~市場は信用不安問題に疑心暗鬼
http://bond.daiwasmbc.co.jp/kinyu/usaw303.pdf
連銀、中央銀行の資金供給は、問題の核心への対処というより、問題の周辺に台頭する疑心暗鬼への対処...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

最近のスイスフラン高と信用市場ひっ迫で金融状況タイト化=スイス中銀
 [チューリヒ 21日 ロイター] スイス国立銀行(中央銀行)のヒルデブランド副総裁は21日、最近のスイスフランの上昇およびクレジット市場のひっ迫により、金融状況がタイト化したとの認識を示した。
 副総裁は、22日付Finanz und Wirtschaft紙に掲載予定のインタビューで「為替相場およびクレジット市場の相場上昇で、特に米国で、またスイスでも金融状況がかなりタイト化した」と述べた。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)



 多くのエコノミストが依然としてスイス中銀の利上げ局面は続くとみているが、国内の金利先物市場では、9月の追加利上げ観測は大幅に後退した。
 副総裁は、スイス中銀や他の金融当局による銀行への臨時の資金供給は、銀行が将来、救済への期待からリスクを冒しやすくなる可能性があるとの批判を拒否。「金融市場の秩序ある機能を確実にするため、または安定化を図るために、必要な措置を実施するのは中銀の責務だ」と述べ、資金は1日あるいは最長で1、2週間供給され、その後迅速に吸収されるとの見方を示した。

(引用 yahooニュース)

<東証>終値1万5900円64銭 様子見ムード
 22日の東京株式市場は、為替相場の動向を見極めたいとの様子見ムードが広がり、日経平均株価は、小幅な値動きとなった。終値は前日終値比70銭安の1万5900円64銭と横ばいだった。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)


急激な円高には歯止めがかかっているものの、1ドル=114円台と、輸出関連企業の今年度の想定レートより円高になっている。

(引用 livedoorニュース)

為替は円キャリー整理の動き、韓国と市場動向注視で一致=財務相
 8月21日、尾身財務相は、為替相場が円高に振れていることについて、円キャリー取引を整理する動きになっているとの認識を示した。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)


昨年9月撮影(2007年 ロイター/Toru Hanai)

[記事全文へ]

(引用 livedoorニュース)

【株式市況】28日東京株式、日経平均大幅続落・米国株安 円高が市場をまた直撃
【8月29日 17:00 テクノバーン】28日の東京株式市場は大幅続落。日経平均株価は前日比274円66銭(1.69%)安の1万6012円83銭で取引を終えた。

前日のNYダウが300ドル近い急落を起こしたことや、米国株の急落を受けて為替相場が再び円高方向に振れたことが懸念要因となり幅広い銘柄に売り注文が広がったことが今日の指数下落へとつながった。

業種別ではその他製品やゴム製品や機械などを筆頭に全33業種の全てが下落。騰落数でも値下がり銘柄数は1490にも達するなど、全体の8割超の銘柄が下落するほぼ全面安に近い展開となった。

市場では再び、米サブプライムローン問題が懸念事項として浮かび上がってきており、前回、米連邦準備制度理事会(FRB)によって実施された公定歩合の引き下げに続く、効果的な政策の実施が求められる状況となってきている。

東証1部出来高は16億9141万株、売買代金は概算で2兆4150億円だった。

08月29日(水)東京株式市場情報
◎日経平均株価
大引 16012.83 (-274.66)
始値 16068.10
高値 16068.10
安値 15830.28

◎TOPIX
大引 1557.55 (-27.05)
始値 1562.82
高値 1562.82
安値 1537.04

◎主な出来高上位銘柄
        新日本製鐵 <5401>     793( -12)
       住友金属工業 <5405>     574( -14)
         日本電工 <5563>     918(  53)
        三菱重工業 <7011>     687( -19)
           双日 <2768>     461(  -2)
       いすゞ自動車 <7202>     598(  25)
           丸紅 <8002>     899( -12)
           東芝 <6502>    1,010( -36)
          IHI <7013>     378( -12)
        日本板硝子 <5202>     687(  14)

◎主な値上がり銘柄
        カカクコム <2371>   314,000(40000)
       ニイウスコー <2731>    15,690( 1890)
       東急リバブル <8879>    2,130( 130)
         アークス <9948>    1,677(  98)
         日本電工 <5563>     918(  53)
         沢井製薬 <4555>    4,450( 230)
         国際航業 <9231>     557(  27)
          ルック <8029>     249(  12)
    テイクアンドギヴニ <4331>    22,950( 1040)
          ヤフー <4689>    43,450( 1900)



□ 関連記事
08/29 28日東京株式、日経平均大幅続落・米国株安 円高が市場をまた直撃
08/28 28日東京株式、日経平均小幅反落・前日終値を挟んだ小動きな展開に
08/27 27日東京株式、日経平均反発・米国株高を受けて主力株主導で上昇
08/24 24日東京株式、日経平均反落・円安基調で比較的底堅い展開に
08/23 23日東京株式、日経平均大幅反発・円安の進行で買い安心感が広がる
(引用 yahooニュース)

<新日本石油>9月のガソリン卸値据え置き 小売価格も一服
 石油元売り最大手の新日本石油は29日、9月出荷分のガソリン卸値を据え置くと発表した。据え置きは7カ月ぶり。他社も追随すると見られる。8月に最高値を記録した小売価格も今週は22週ぶりに値下がりし、上昇を続けてきたガソリン価格が一服した形だ。
 新日石によると、原油価格の下落や為替相場の円高で原油調達コストが1リットルあたり2.6円低下したが、今まで小売価格に転嫁できていない分も2.6円あり、相殺される。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)


中村雅仁常務は「基調として小売価格は弱含みだが、未転嫁分があり、卸値は現状を維持したい」と話している。
 一方、石油情報センターが29日発表したガソリンスタンドの小売価格調査(27日現在、消費税込み)によると、レギュラーガソリンの全国平均価格は1リットル=145.3円で、前週に比べ0.1円下落した。値下がりは今年3月26日に前週比0.1円下がって以来。26都府県で値下がりした。
 ガソリン価格は8月6日に145.1円と87年4月の調査開始以来の最高値をつけ、13日にも145.4円と更新。20日は横ばいだった。【内山勢】
(引用 yahooニュース)

日経平均が大幅続落=米株値下がり、円高で全面安
 29日の東京株式市場は、海外の株安や円高を嫌気して全面安となり、日経平均株価が一時前日比457円21銭安の1万5830円28銭まで下落した。1万6000円割れは1週間ぶり。終値は274円66銭安の1万6012円83銭だった。
 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)の終値は27.05ポイント安の1557.55。出来高は16億9141万株、売買代金は2兆4150億円。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)



 前日の米国株は、住宅市場の低迷や消費者心理の落ち込みを示す経済指標を材料に急落。欧州の主要株価も軒並み下落した。為替相場が一時1ドル=113円台まで円高に振れたこともあり、東京市場は午前中から幅広い銘柄が売られた。円高が一服すると輸出関連株などに買い戻しが入り、日経平均は終値で1万6000円台を回復した。

【関連情報】 日経平均株価日中足
【関連情報】 東証株価指数(TOPIX)日中足  
(引用 yahooニュース)

先行き不透明感強い〔東京株式〕(29日、続き)
 前日の欧米株安、円高という外部環境の悪化から指数先物が下落すると、裁定解消売りが出て、日経平均も一時、前日比400円超の大幅な下げを記録した。後場に入っての円高一服で先物への大口の買い戻しから下げ渋ったが、手掛かり材料の乏しさを背景に迫力に欠け、前日に続いて売買も盛り上がらなかった。
 7月9日の年初来高値から8月17日につけた安値までの下げ幅は2988円。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)


日経平均は終値ベースで自律的な反発の目安とされる3割強の戻りを達成しておらず、「まだ底は固まっていない」(大手証券)状態だという。米国の低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローン問題に絡んでは、金融システムから同国景気の先行きに焦点が移っており、8月の指標を確認するまで市場を覆う先行き不透明感は晴れそうにない。このため、「実需の売買手控えは長期化」(別の大手証券)し、当面は海外市場や為替相場に左右される不安定な展開になるとの見方が広がっている。(了)
(引用 yahooニュース)

企業体感景気見通しは9月も好調、全経連
【ソウル29日聯合】全国経済人連合会(全経連)は29日、9月の企業の業況判断指数(BSI)見通しを111.8と発表した。BSIは基準値の100を超えると、景気が好転するとみる企業が悪くなるとみる企業より多いことを示し、100以下ならばその逆を意味する。
 米国の低所得者向け住宅融資(サブプライムローン)問題による景気不安要因にもかかわらず、調査対象企業は9月の景気は好調傾向が拡大すると見込んでいる。為替相場の安定による輸出増加と輸出採算性の改善、民間消費の緩やかな回復傾向、不動産市場の価格安定などがプラスに働くとの見方だ。

 産業別見通しは、製造業が111.3、非製造業が112.6と集計された。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)


製造業は軽工業(118.9)と重化学工業(109.5)とも景気が良くなると予想している。部門別では、内需(117.8)をはじめ輸出(106.5)、投資(105.6)、雇用(102.1)、資金繰り(100.9)で好調持続が見込まれているが、在庫は103.6で、前月に比べやや増えると予想された。

 8月の実績は季節調整のない製造業(95.1)と非製造業(93.4)のいずれも前月に比べやや不振となった。鉄鋼、非金属鉱物、パルプ・紙など一部業種の売上不振による資金繰り悪化が主な要因だ。


消費増え体感景気も改善、景気見通しは楽観
企業の体感景気が8月見通しも好調、全経連調べ
企業の体感景気見通し、7月は前月をやや下回る
企業の体感景気が4か月連続で改善を見通し
体感景気は大幅に改善される、財政経済部見通し

(引用 yahooニュース)

日経平均1万6000円割れ=米株急落と円高で一時453円安
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070829-00000079-jij-biz
 29日午前の東京株式市場は、米国株の急落や為替相場の円高を受けて全面安となった。日経平均株価は大幅に続落し、一時前日比453円34銭安の1万5834円15銭まで値下がり。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)


22日以来1週間ぶりに1万6000円台を割り込んだ。午前の終値は422円62銭安の1万5864円87銭。
 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)の午前の終値は44.11ポイント安の1540.49。午前の出来高は7億5113万株、売買代金は1兆687億円。 
日経平均、一時450円超下落=米株急落と円高で全面安
 29日午前の東京株式市場は、米国株の急落や為替相場の円高を受けて全面安となっている。日経平均株価は大幅続落で1万6000円台を割り、一時前日比453円34銭安の1万5834円15銭まで下げた。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)



 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)も一時47.46ポイント安の1537.14まで低下した。 
(引用 yahooニュース)

為替相場を懸念、フランスだけではない=経済財務相
 [パリ 27日 ロイター] フランスのラガルド経済財務雇用相は27日、中国や日本が通貨安によって競争上の優位性を得ていることを懸念しているのはフランスだけではない、との認識を示した。


[PR] 収益率1715%を記録した!毎週1分のワンミニッツトレードシステム【FXドル円投資システム】(システムロジック完全公開&サポート無制限版)




[記事全文へ]

(引用 livedoorニュース)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。