スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドル、123円台前半=持ち高調整で円買い戻し〔東京外為〕(26日午後5時)
 26日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、同日夜発表される5月の米新築住宅販売件数や27日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前にしたポジション調整で円が買い戻され、続落した。
 午後5時現在、1ドル=123円19―22銭と前日(午後5時、123円71―74銭)比52銭のドル安・円高。
 ユーロ・円が166円ちょうどのストップロス・オーダーを付けたことで急落。これにつられてドル円も下落した。米サブプライムローン問題のほか、尾身財務相の閣議後会見での発言が「通貨当局の為替相場に対する言い回しに微妙な変化が見られる」(信託銀)と受け止められるなど、市場には不透明感が強まっており、円買い戻しが活発化して、ドルは一時123円10銭台まで売られた。


[PR] 200万円からはじめて2年5ヶ月で資産1億3587万達成! ミリオネアFX



 新築住宅やFOMC声明文は「予想から大きくかけ離れた内容にはならない」(国内証券)との安心感がある一方、イベントリスクを回避する目的で円売りポジションを解消する動きが活発化したようだ。ただ、市場では直近安値の123円10銭が意識されている上、「国内輸入企業などドルを買い遅れている向きは非常に多い」(同)と観測されており、下値を支えている。
 ユーロは対円で反落し、一時165円55銭まで売られた。対ドルでは前日比ほぼ同水準。
 午後5時現在は、対円で1ユーロ=165円72―75銭(前日午後5時、166円33―36銭)、対ドルで1.3449―52ドル(同1.3444―3447ドル)。(了)
(引用 yahooニュース)

スポンサーサイト
「為替」 リスク回避のキャリー取引手仕舞いに円堅調123.31円/165.93円/ニューヨーク外国為替市場概況
「リスク回避のキャリー取引手仕舞いに円堅調123.31円/165.93円」ニューヨーク外
為市場概況 2007年6月26日(火曜日)-株式会社フィスコ 平松京子/片山 善博

[ニューヨーク外国為替市場概況]
*06:38JST 「リスク回避のキャリー取引手仕舞いに円堅調123.31円/165.93円」
【ロンドン市場概況】
 25日のロンドン外為市場では、東京、上海株式市場が下落して引け、欧州主要株
式市場も軒並み下落したことを受けて、リスク回避の円買い戻しの動きが継続さ
れ、ドル・円は123円74銭から123円31銭まで下落し、ユーロ・円は166円36銭から
165円93銭まで下落した。ユーロ・ドルは1.3444ドルから1.3463ドルまで強含みに推
移、ポンド・ドルは1.9986ドルから2.0006ドルで上下し、ドル・スイスは1.2301フ
ランから1.2271フランまで下落した。


[PR] 200万円からはじめて2年5ヶ月で資産1億3587万達成! ミリオネアFX



【経済指標】
独・7月GFK消費者信頼感指数:8.4(予想7.8、6月7.4←7.3)
【要人発言】
藤井財務次官
「為替相場は経済ファンダメンタルズを反映すべき」
「為替相場は日頃から注意深く見ている」
「為替相場の具体的な水準についてはコメント控える」
「日本経済の状況は順調」
【ニューヨーク市場寄付】
ドル・円:123円46銭、ユーロ・ドル:1.3465ドル、ユーロ・円:166円22銭、ポン
ド・ドル:1.9990ドル、ドル・スイス:1.2285フラン
【ニューヨーク市場概況】
 25日のニューヨーク外為市場では、ドル・円は予想を上回る米・5月中古住宅販売
件数やダウ平均株価の100ポイント超の上昇を受けて123円43銭から123円95銭まで上
昇したが、サブプライム問題悪化懸念を受けて株価が下落に転じた事に伴い123円65
銭前後へ軟化して引けた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

エアバス、リストラで3億ユーロのコスト削減=ユーロ高続けば欧州の生産縮小も-CEO
【パリ16日】欧州航空機メーカー、エアバスのガロワ最高経営責任者(CEO)はパリ航空ショーを前に、同社のリストラ計画「パワー8」で2007年中に3億ユーロ(4億ドル)のコスト削減が確実との見方を示した。ただ、ユーロの対ドル相場上昇が続いた場合、欧州での生産を減らす可能性があると述べた。≪写真はエアバスが06年7月に配布したA350XWBのイメージ写真≫
 ガロワCEOは記者会見で「パワー8の目標達成に向けて順調に進んでいる」と指摘。「2006年に比べ約3億ユーロ節約することが目標だ」と語った。


[PR] 200万円からはじめて2年5ヶ月で資産1億3587万達成! ミリオネアFX


ただ、研究開発予算の増額や為替相場による影響で、すべてが決算に現れるわけではないと加えた。
 パワー8計画は、スーパージャンボ旅客機A380やA350の開発計画の遅れで大きな痛手を負った後に策定。07ー10年に50億ユーロを投じる一方で年間21億ユーロのコスト削減を目指している。計画には1万人の人員削減と欧州の6カ所の生産拠点すべての売却が含まれている。
 ガロワCEOは07年の航空機受け渡しが440-450機になるとしながらも、リストラ策に反発したストの影響で状況が変化するかもしれないと警告した。
 同CEOはまた、ユーロで航空機を製造し、これをドル建てで売却するため、ユーロ高が引き起こす問題を注視していると語った。〔AFP=時事〕〔AFP=時事〕

(引用 livedoorニュース)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。